上野松坂屋が作った駅

上野広小路駅は、東京都台東区にある東京メトロの銀座線を走っている駅です。

この上野広小路駅の作りは2面2線からなる地下にある駅で、エレベーターも設置されています。

また、トイレは2番線側に設置してあり、多機能トイレとなっています。

上野広小路駅の利用者数は、2009年度で1日平均10893人です。

この上野広小路駅は、もともと作られる予定の駅ではなかったのです。

なぜならこの駅は上野駅から500メートル程度と非常に近い距離にあり、必要性がなかったのです。

しかし、東京にある三越という大型のデパートがありますが、この三越が日本橋本店の目の前に駅を作ったのです。

この駅名は三越前駅で、その建設費用を全額出資したのです。

このことを知った上野松坂屋も負けてられないということで、同じように駅を作ったことから、今の上野広小路駅が完成したのです。

ただ、三越前駅には駅エスカレーターなどの設備があり、色々な面にて劣っている状態となっています。

FXプライムとは