放置自転車の問題

入谷駅は、東京都台東区にある東京メトロの日比谷線を走っている駅です。

この入谷駅の作りは2面2線からなる地下にある駅で、トイレは全部で2ヶ所設置してありますが、多機能トイレは1ヶ所のみです。

入谷駅を作った経緯としては、以前東京オリンピックが開催されるにあたって作られた駅で、当時は開幕に間に合わせるように急いで作った駅です。

入谷駅の利用者数は、2009年度で1日平均13230人となっており、一時期利用者の数は減少したいたのですが、ここ数年は徐々に上昇傾向にあります。

入谷駅の南側は大きな交差点となっており、交通量が非常に多いです。

また、入谷駅のすぐ目の前にはスーパーなどもあることから、毎日多くの人で賑わっています。

しかし、スーパーや商店街があるために、自転車などがそこら中に停めてあり、歩行者が安全に通行できない状態にもなっていました。

その自転車は歩道にまで広がっており、地域の大きな問題となっています。

入谷駅周辺では、さらに最近マンションなども建設されているために、今後も入谷駅周辺は、より混雑した状態になることは、間違いないだろうと感じます。

FXプライムとは