バナー

仲御徒町駅について

仲御徒町駅は、東京都台東区にある東京メトロの日比谷線を走っている駅です。

この仲御徒町駅の作りは1面2線からなる地下にある駅で、場所は昭和通りの下に位置しています。

仲御徒町駅の利用者数は、2009年度で1日平均22677人となっており、年々利用者の数が減少しています。

仲御徒町駅の周辺には飲食店が多数存在していますが、その中でもくろぎというお店が有名です。

ここは懐石料理や海鮮料理などを頂くことができるお店で、店構えは和の作りをした高級感溢れるお店となっています。

出される料理も最高においしく、毎日多くのお客さんが訪れています。

店内の調理場には、昔の武士のように包丁がいくつも並んでいます。

営業時間は平日は17時から23時までおこなっており、火から金曜日まではランチ営業もしています。

夜の平均的な予算は15000円から20000円程度となっていますが、ランチでは2000円以内にて本格的な懐石料理を楽しむことができるので、オススメです。

もし仲御徒町駅に来る機会がありましたら、ぜひ訪れてみてください。一緒に住宅ローンも是非ご覧ください。

上野松坂屋が作った駅

上野広小路駅は、東京都台東区にある東京メトロの銀座線を走っている駅です。

この上野広小路駅の作りは2面2線からなる地下にある駅で、エレベーターも設置されています。

また、トイレは2番線側に設置してあり、多機能トイレとなっています。

上野広小路駅の利用者数は、2009年度で1日平均10893人です。

この上野広小路駅は、もともと作られる予定の駅ではなかったのです。

なぜならこの駅は上野駅から500メートル程度と非常に近い距離にあり、必要性がなかったのです。

しかし、東京にある三越という大型のデパートがありますが、この三越が日本橋本店の目の前に駅を作ったのです。

この駅名は三越前駅で、その建設費用を全額出資したのです。

このことを知った上野松坂屋も負けてられないということで、同じように駅を作ったことから、今の上野広小路駅が完成したのです。

ただ、三越前駅には駅エスカレーターなどの設備があり、色々な面にて劣っている状態となっています。

回らないお寿司

稲荷町駅は、東京都台東区にある東京メトロの銀座線を走っている駅です。

この稲荷町駅の作りは2面2線からなる地下にある駅で、銀座線を走っている駅の中では一番利用者の少ない駅となっています。

稲荷町駅という駅名ですが、この名前の駅は全国の色々な場所に同じ名前の駅があります。

東京メトロの稲荷町駅は、以前この付近には下谷神社があったことから、南稲荷町という地名でした。

その地名から今の稲荷町駅となったのですが、現在この地名は使われておらず、東上野となっていますが、駅名だけは以前のままとなっているのです。

稲荷町駅周辺には、お寿司屋さんが多数存在していますが、その中でも特に人気のあるのが、鮨処寛八というお店です。

このお店は回らないタイプのお寿司屋さんで、稲荷町駅からは徒歩で行く事が可能です。

平均的な予算は10000円から15000円程度ですが、お昼の時間帯であれば、3000円から4000円程度で頂くことができます。

店内はカウンター席の他にお座敷もあり、新鮮なお寿司や色々な創作料理を食べることができます。

非常に人気の高いお店ですので、もし稲荷町駅に来る機会がありましたら、ぜひ1度食べに訪れてみてください。

上野御徒町駅について

上野御徒町駅は、東京都台東区にある都営地下鉄の大江戸線を走っている駅です。

この上野御徒町駅という駅名は、上野松坂屋前という名称が付いていました。

しかし、2008年にこの副名称であった松坂屋前という名前が撤去されてしまいました。

上野御徒町駅には、東京メトロやJR東日本の各路線も走っています。

上野御徒町駅の作りは1面2線からなる地下にある駅で、ホームから改札にかけてはエレベーターも設置されています。

上野御徒町駅の利用者数は、2009年度で1日平均25911人となっており、年々利用者の数が増加しています。

上野御徒町駅の周辺には、色々な商店や施設などがあり、代表的なのが松坂屋やアメヤ横丁などがあります。

アメヤ横丁には色々な商店が無数に立ち並んでおり、毎日多くの人で賑わっています。

この横丁を歩いていると迷ってしまうくらいの商店街となっており、度々テレビなどでも放送される人気のスポットの1つとなっています。

もし上野御徒町駅に来る機会がありましたら、ぜひ1度訪れてみてください。

おかず横丁とは

新御徒町駅は、東京都台東区にある都営地下鉄の大江戸線を走っている駅です。

また、この新御徒町駅には、つくばエクスプレスも走っています。

都営地下鉄の新御徒町駅は、1面2線からなる地下にある駅で、地下の2階にホームが設置されています。

また、首都圏新都市鉄道の新御徒町駅は、1面2線路からなる地下にある駅で、都営地下鉄よりもさらに深い地下4階にホームが設置されています。

新御徒町駅の利用者数は、都営地下鉄で1日平均18320人、首都圏新都市鉄道で1日平均13664人となります。

新御徒町駅の近くには、おかず横丁があります。

このおかず横丁とは商店街の別名となっており、名前におかずとある通りに、おかずとなる惣菜屋さんが多数ある通りとなっています。

長さは約200メートルほどの商店街となっており、夕方の時間帯には出来立てのお惣菜がたくさん売られています。

もともと新御徒町駅の周辺は、軽工業が盛んな街となっていたために、女性が多く働いている地域となっているのです。

そのことから、惣菜類などを販売する店舗が多くなっていったのです。

湯島駅について

湯島駅は、東京都文京区にある東京メトロの千代田線を走っている駅です。

この湯島駅の作りは1面2線からなる地下にある駅で、1番線付近にエレベーターが設置されています。

湯島駅の利用者数は、2009年度で1日平均16627人となっています。

湯島駅の近くには、横山大観記念館があります。

横山大観とは、美術家や画家として有名な人物で、日本の近代画壇の巨匠とも言われいる人物です。

この人物は、茨城県の水戸に生まれとなっており、茨城県の名誉県民ともなっています。

この記念館が湯島駅のすぐ近くにありますので、興味のある方はぜひ1度訪れてみてください。

また、湯島駅から新お茶ノ水の出口から出ると、秋葉原電気街も近くに存在します。

秋葉原の町は電気街として非常に有名で、毎日多くの人で賑わっている街です。

ここには外国人観光客の姿も多く見かけます。

湯島駅近くの秋葉原を訪れる外国人は、みんな日本の家電は素晴らしいと言います。

実際にも日本の製品は素晴らしく、この街に来ればなんでも揃います。

湯島駅から近くにありますので、興味のある方は行ってみましょう。

老舗のとんかつ屋

蔵前駅は、東京都台東区にある都営地下鉄の浅草線を走っている駅です。

また、この蔵前駅には大江戸線も走っており、2面2線の作りとしています。

しかし、蔵前駅にて路線を乗り換える場合には、一旦改札を出て道を歩いて乗り継がなくてはなりません。

最短ルートを通ったとしても200メートル以上は距離があるために、面倒な作りとなっています。

蔵前駅の利用者数は、浅草線で1日平均15301人、大江戸線で1日平均13726人となっています。

蔵前駅の周辺には、すぎ田という名前の老舗のトンカツ屋さんがあります。

このお店は蔵前駅から徒歩5分程度の距離にあり、非常に人気のあるお店です。

店内は縦長の買うターン席となっており、最高のトンカツを食べることができあmす。

平均的な予算は2000円から4000円程度となっており、ランチタイムであれば比較的安く食べることができます。

非常に好評でお昼の時間帯では混雑した状態になっています。

もし蔵前駅に来る機会がありましたら、ぜひ1度食べに訪れてみてください。

蔵前駅からすぐ近くにあります。

オリンピックという名前のスーパー

三ノ輪駅は、東京都台東区にある東京メトロの日比谷線を走っている駅です。

この三ノ輪駅の作りは2面2線からなる地下にある駅で、エレベーターは設置されていません。

そのために、車椅子の方の利用は昇降機を使っての利用となっています。

三ノ輪駅の利用者数は、2009年度で1日平均17792人となっています。

三ノ輪駅周辺には、鷲神社があります。

ここでは、毎年11月に酉の市が開催されています。

酉の市とは、全国各地にある鷲神社で行われるお祭りで、この日はたくさんの屋台などの出店があります。

非常に多くの参拝客が訪れるお祭りとなっており、毎年開催される日には、三ノ輪駅も混雑した状態になっています。

また、三ノ輪駅の近くにはスーパーのオリンピックがあります。

スーパーの名前でオリンピックというのは珍しく、初めて見た時はスポーツのオリンピックと何か関係があるのかと思ってしまいました。

しかし、関係性は特になく、東京や神奈川などの関東地方に展開しているスーパーになっています。

放置自転車の問題

入谷駅は、東京都台東区にある東京メトロの日比谷線を走っている駅です。

この入谷駅の作りは2面2線からなる地下にある駅で、トイレは全部で2ヶ所設置してありますが、多機能トイレは1ヶ所のみです。

入谷駅を作った経緯としては、以前東京オリンピックが開催されるにあたって作られた駅で、当時は開幕に間に合わせるように急いで作った駅です。

入谷駅の利用者数は、2009年度で1日平均13230人となっており、一時期利用者の数は減少したいたのですが、ここ数年は徐々に上昇傾向にあります。

入谷駅の南側は大きな交差点となっており、交通量が非常に多いです。

また、入谷駅のすぐ目の前にはスーパーなどもあることから、毎日多くの人で賑わっています。

しかし、スーパーや商店街があるために、自転車などがそこら中に停めてあり、歩行者が安全に通行できない状態にもなっていました。

その自転車は歩道にまで広がっており、地域の大きな問題となっています。

入谷駅周辺では、さらに最近マンションなども建設されているために、今後も入谷駅周辺は、より混雑した状態になることは、間違いないだろうと感じます。

浅草橋駅について

浅草橋駅は、東京都台東区にあるJR東日本の総武本線を走っている駅です。

また、この浅草橋駅は、都営地下鉄の浅草線も走っています。

JR東日本の浅草橋駅は、2面2線からなる高架駅となっており、出口は全部で2ヶ所設置してあります。

しかし、浅草橋駅の西口は、23時30分には終了してしまうために、時間外は利用することができません。

浅草橋駅内にはエレベーターなどが設置されていないために、車椅子を利用している方にとっては、若干不便と感じるかもしれません。

車椅子での利用をする場合には、駅員を呼んで昇降機を利用することになっています。

また、都営地下鉄の浅草橋駅は、1面2線からなる地下にある駅で、地下1階にホームが設置されています。

浅草橋駅の利用者数は、JR東日本で1日平均51475人、都営地下鉄で1日平均27182人となっています。

どちらの利用者数も年々減少傾向にあります。

浅草橋駅の周辺には、神田川や隅田川などが流れています。

特に隅田川の花火大会は有名で、テレビ中継も毎年されるくらいです。

東京でもっとも多くの人が集まる花火大会でも有名で、当日は歩けないほどの混雑した状態になります。

受験の神

御徒町駅は、東京都台東区にあるJR東日本の東北本線を走っている駅です。

この御徒町駅の作りは2面4線からなる高架駅となっており、出口は全部で2ヶ所設置されています。

御徒町駅の利用者数は、2011年度で1日平均68402人となっており、その数は年々減少しています。

JR東日本を走っている駅の中では、60番目に利用者の多い数字です。

御徒町駅の東側には、貴金属などの宝石を扱っている店舗が多く、通称ジュエリータウンとも言われています。

店舗によって色々な宝石などを扱っているので、もし興味のある方は1度訪れてみてください。

また、御徒町駅の北側には湯島天満宮があります。

ここは、東京の代表的な天満宮となっており、学問の神様があるとして有名です。

なぜ学問の神様として有名なのかは、ここに菅原道真が祀られていることからきています。

毎年受験の季節になると、多くの受験生が合格祈願の為に訪れます。

その数は非常に多く、遠くから訪れる方も多数いるために、毎日受験の季節には混雑した状態になっています。

もし受験を考えている方は、御徒町駅近くの湯島天満宮に行ってみると良いでしょう。

多くの人で賑わっているアメ横

京成上野駅は、東京都台東区にある京成電鉄の本線を走っている駅です。

この京成上野駅の作りは2面4線からなる地下にある駅で、場所は上野公園の下に作られています。

京成上野駅から外で出る出口は全部で4ヶ所設置してあり、各方面に出ることができます。

京成上野駅内には、売店やコンビニなども入っています。

また、宝くじ売り場もあり、以前にはここで高額当選をした方もいるそうです。

さらに京成上野駅内には、観光情報センターも設置されています。

ここは、遠くから訪れた方への観光案内はもちろんですが、特に外国人に向けた観光案内をメインで行なっています。

外国から観光などで日本に訪れた方は、成田空港からまず東京に来る方が多い為に、この観光センターを設置しているそうです。

京成上野駅の利用者数は、2008年度で1日平均25400人となっており、その数は年々減少傾向にあります。

京成上野駅の周辺には、アメヤ横丁があります。

ここは、色々なお店が並ぶ商店街となっており、毎日多くの人で賑わっています。

テレビなどでもよく取り上げられるほど有名で、活気が溢れています。

もし京成上野駅に来る機会がありましたら、ぜひ訪れてみてください。

東京藝術大学近く

鶯谷駅は、東京都台東区にあるJR東日本の東北本線を走っている駅です。

この鶯谷駅の作りは2面4線からなる地上にある駅で、出入口は全部で2ヶ所設置されています。

鶯谷駅内には指定席券売機があるために、みどりの窓口はありません。

鶯谷駅の利用者数は、2010年度で1日平均23794人となっており、東北線を走っている駅の中では一番利用者の少ない駅です。

鶯谷駅の周辺には、東京芸術大学があることから、学生の利用者も多いです。

この東京芸術大学は、勉強ができるというよりも、芸があれば入学できるという大学で有名ですが、入試には面談や論文などといった試験もあります。

しかし。

重要視されているのは実技試験となっており、ここで芸を認められれば合格することができるのです。

また、鶯谷駅の西側には上野公園があります。

特に有名なのが上野動物園で、パンダをひと目見るために毎日多くの観光客が訪れています。

最近ではパンダの出産でも非常に話題となり、昔から多く有名な観光地となっています。

もし鶯谷駅に来る機会がありましたら、ぜひ1度訪れてみてください。

鶯谷駅から近い距離にあります。

浅草寺で煙を浴びよう

浅草駅は、東京都台東区にある東京メトロや東武鉄道を走っている駅です。

東京メトロの浅草駅は、2面2線からなる地下鉄の駅で、浅草駅のすぐ横には地下商店街があります。

この商店街には、昭和の懐かしい店舗も残っています。

また、浅草駅の周辺では、三社祭や墨田川花火大会が開催されます。

そういったお祭り時には、浅草駅も非常に混雑した状態となり、多くの人が訪れます。

浅草駅にお越しの際はぜひいって欲しい場所があります。

それは、浅草寺です。

このお寺は、浅草駅から徒歩で行く事ができる距離にあり、毎日多くの参拝客で賑わっています。

東京にあるお寺の中では一番古いお寺となっており、特に有名なのが、参拝客が煙を体にかけている姿が印象的です。

この煙は体の悪い部分にかければ良くなると言われており、頭や体の部分に浴びる方が多いです。

もし浅草駅に来る機会がありましたら、ぜひ1度訪れてみてはいかがでしょうか。

また、浅草駅の周辺には、浅草花やしきというテーマパークもあり、1日楽しめる施設となっています。

上野といえば上野動物園

上野駅は、東京都台東区にあるJR東日本や、東京メトロを走っている駅です。

この上野駅には色々な路線が走っており、新幹線などもあります。

この上野駅は非常に大きく色々な店舗が駅内に設置されていますが、上野駅では駅弁の販売も行なっています。

上野駅で販売されている駅弁は約30種類以上もあり、色々な名物弁当が揃っています。

地方によって色々な弁当もあり、例えば仙台で言えば牛たん弁当や独眼竜正宗弁当などがあります。

正直どれにしようか迷ってしまうぐらいの種類がありますが、どれも人気がありますので、上野駅にお越しの際はぜひ食べてみてください。

上野駅の利用者数は、JR東日本で1日平均174832人となっています。

この利用者数は、JR東日本を走っている駅の中では13番目に多い数字です。

また、東京メトロの利用者数は、1日平均約10万人となっており、東京メトロの駅の中では8番目に多い数となります。

上野駅と聞くと、最近パンダで話題になった上野動物園が有名です。

残念ながら生まれたパンダは亡くなってしまいましたが、毎日多くのお客さんで賑わっています。

また、上野駅の近くには、上野の森武術館や、国立科学博物館などもありますので、もし上野駅にお越しの際は、ぜひ色々と周辺を散策してみてはいかがでしょうか。

サイトマップ

FXプライムとは