バナー

仲御徒町駅について

仲御徒町駅は、東京都台東区にある東京メトロの日比谷線を走っている駅です。

この仲御徒町駅の作りは1面2線からなる地下にある駅で、場所は昭和通りの下に位置しています。

仲御徒町駅の利用者数は、2009年度で1日平均22677人となっており、年々利用者の数が減少しています。

仲御徒町駅の周辺には飲食店が多数存在していますが、その中でもくろぎというお店が有名です。

ここは懐石料理や海鮮料理などを頂くことができるお店で、店構えは和の作りをした高級感溢れるお店となっています。

出される料理も最高においしく、毎日多くのお客さんが訪れています。

店内の調理場には、昔の武士のように包丁がいくつも並んでいます。

営業時間は平日は17時から23時までおこなっており、火から金曜日まではランチ営業もしています。

夜の平均的な予算は15000円から20000円程度となっていますが、ランチでは2000円以内にて本格的な懐石料理を楽しむことができるので、オススメです。

もし仲御徒町駅に来る機会がありましたら、ぜひ訪れてみてください。

上野松坂屋が作った駅

上野広小路駅は、東京都台東区にある東京メトロの銀座線を走っている駅です。

この上野広小路駅の作りは2面2線からなる地下にある駅で、エレベーターも設置されています。

また、トイレは2番線側に設置してあり、多機能トイレとなっています。

上野広小路駅の利用者数は、2009年度で1日平均10893人です。

この上野広小路駅は、もともと作られる予定の駅ではなかったのです。

なぜならこの駅は上野駅から500メートル程度と非常に近い距離にあり、必要性がなかったのです。

しかし、東京にある三越という大型のデパートがありますが、この三越が日本橋本店の目の前に駅を作ったのです。

この駅名は三越前駅で、その建設費用を全額出資したのです。

このことを知った上野松坂屋も負けてられないということで、同じように駅を作ったことから、今の上野広小路駅が完成したのです。

ただ、三越前駅には駅エスカレーターなどの設備があり、色々な面にて劣っている状態となっています。

回らないお寿司

稲荷町駅は、東京都台東区にある東京メトロの銀座線を走っている駅です。

この稲荷町駅の作りは2面2線からなる地下にある駅で、銀座線を走っている駅の中では一番利用者の少ない駅となっています。

稲荷町駅という駅名ですが、この名前の駅は全国の色々な場所に同じ名前の駅があります。

東京メトロの稲荷町駅は、以前この付近には下谷神社があったことから、南稲荷町という地名でした。

その地名から今の稲荷町駅となったのですが、現在この地名は使われておらず、東上野となっていますが、駅名だけは以前のままとなっているのです。

稲荷町駅周辺には、お寿司屋さんが多数存在していますが、その中でも特に人気のあるのが、鮨処寛八というお店です。

このお店は回らないタイプのお寿司屋さんで、稲荷町駅からは徒歩で行く事が可能です。

平均的な予算は10000円から15000円程度ですが、お昼の時間帯であれば、3000円から4000円程度で頂くことができます。

店内はカウンター席の他にお座敷もあり、新鮮なお寿司や色々な創作料理を食べることができます。

非常に人気の高いお店ですので、もし稲荷町駅に来る機会がありましたら、ぜひ1度食べに訪れてみてください。

FXプライムとは